トップページ > 天草名物 あか巻

天草名物 あか巻

天草名物 あか巻
※ 画像はイメージであり、実際の商品とは異なります。

今からおよそ400年前の安土桃山時代に、カステラなどの「南蛮菓子」が天草に伝わったと言われています。

あか巻は、漁師の体力消耗を補う「船上食」として、戦後まもなく牛深町で開発されました。
南蛮渡来のロールケーキとあんこを、腹持ちの良いお餅で巻いた、天草の伝統郷土菓子です。
天草には「あかね」という大漁を意味する言葉があり、あか巻の赤い色が縁起の良い食べ物として喜ばれ、今でも結婚式の引き出物として使われています。

熊本県産小麦粉(シロガネ)100%使用のスポンジケーキと、北海道産小豆100%使用の自家製あん、そして赤い餅のしっとりとした歯触りをお楽しみ下さい。



熟練した職人による手巻き

あか巻の中心、ロール作り

ロール生地にあんこを塗る まず、しっとりと焼き上げたロール生地を裏返し、まんべんなくあんこを塗ります。
ロールを巻く 次に、焼いた時に使った裏紙をそっとはがしながら、生地を優しく丁寧に巻いていきます。
「の」の字に巻いていく 生地がヒビ割れしないように、一段ずつ巻き上げます。
ロールができた これであか巻の中心に当たる、ロールができました。
(商品の南蛮手巻菓子とは、巻き方が逆になります。)

桃色の餅で巻き上げる

餅を延ばす まず、求肥餅を薄く延ばし広げます。
この作業は最も難しく、素早く行う必要があります。
餅で巻く その上に先ほどの南蛮手巻菓子を乗せ、柔らかい餅が破れないようにそっと被せて、巻き上げます。
あか巻ができた これであか巻ができました。
(この後あか巻を切り分けますが、この長いままの物をお求めになる方もいらっしゃいます。)

ひとつひとつ切り分けて包装

あか巻を切り分ける あか巻の奥に見える道具で小さな目印を付け、餅がくっつかないよう慎重に切り分けます。
容器に入れる 切り分けたあか巻を速やかに並べて、蓋をします。
切れ端も活用 切り分ける際に出た切れ端は、ご試食いただいたり差し上げたりしています。
あか巻完成 容器に入れたあか巻をしっかりと検品して包装します。これで、あか巻の完成です!

(この後更に何度も検品を重ね、賞味期限や原材料表記のシールを貼って、自信を持ってお客様の元にお届けいたします。)

一日に300本しかお作り出来ませんので、ご注文いただいてもすぐにはご用意出来ない場合がございます。ご了承下さい。


天草名物 あか巻

※ 天草ウェブの駅で購入できます。

天草ウェブの駅とは、天草市が運営するインターネットサービスです。市民は無料でホームページやネットショップを利用でき、インターネットを活用して地域活性化を図る事が期待されています。

あか巻 1本
1本入
価格:525円(税込)
あか巻 2本入
2本入
価格:1260円(税込)

あか巻 3本入
3本入
価格:1775円(税込)
ロングあか巻 1本入
ロング1本入
価格:1680円(税込)

ロングあか巻 2本入
ロング2本入
価格:3360円(税込)
原材料
砂糖、小豆(北海道産)、小麦粉(熊本産)、鶏卵、餅粉(九州産)、麦芽水飴、還元麦芽糖、馬鈴薯澱粉、蜂蜜、植物油脂、トレハロース、マルトース、乳化剤(大豆・乳由来)、着色料(赤106・アナトー・カロテン)、グリシン、膨張剤、pH調整剤、保存料(しらこたん白)、増粘剤(キサンタンガム)
内容量
1本 : 250g
賞味期限
未開封で製造日から25日
保存方法
直射日光を避け、開封後お早めにお召し上がり下さい。



ご注文・お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-41-2185