MENU

トップページ > 賞味期限・保存方法

賞味期限・保存方法

安心してお菓子を販売していただけるように、様々な検査を行って賞味期限や適切な保存方法を設定しております。

賞味期限

お菓子にカビなどが発生して食べられない状態ではなく、美味しくお召し上がり頂ける期限を「賞味期限」と捉えており、検査専門機関((株)らいふ 様)による保存検査と共に、弊社品質管理部による「官能検査(経過日数による美味しさの変化)」を行っております。


ちなみに、賞味期限を過ぎたお菓子(常温:未開封:細菌検査済)の官能検査では、

  1. (賞味期限:30日)あか巻などの「もち巻」は、40日程経つと餅の部分のモチモチ感がなくなり、サクッとした食感になります。
  2. (賞味期限:60日)南蛮手巻菓子は、55日程経つ頃からスポンジにしっとり感がなくなり、パサツキが徐々に始まります。
  3. (賞味期限:90日)南蛮手巻菓子は、100日程経った頃から米粉独特のしっとり感がなくなり、サラサラしたような食感になります。
  4. (賞味期限:180日)南蛮羊羹は、味・食感は変わりませんが、1年(360日)程経った頃から鮮やかなオレンジ色がくすんで、冴えない色になります。

上記のように、賞味期限は十分余裕を持って設定してありますので、安心して販売していただけます。


※ 賞味期限内であっても、「ピンホール」が原因でカビが発生する場合があります。
その際は、お手数をお掛けして申し訳ありませんが、弊社宛に「送料着払い」にて現品をお送り下さいませ。
直ちに検査機関と弊社品質管理部 合同で検査させて頂き、報告書を作成の上 速やかにご報告させて頂きます。


フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-41-2185

保存方法

弊社のお菓子は全て、常温で保存していただける物をお作りしています。

冷蔵・冷凍してもさらに美味しくお召し上がりいただける場合もありますが、一部の商品では温度帯が変わる事で美味しさが損なわれる可能性があるため、冷蔵・冷凍にて保存される際にはご注意下さい。

冷蔵保存について

「もち巻」は常温でも十分モチモチ感がありますが、冷蔵庫で保存して頂く事で、より一層モチモチした食感となり、最高の状態で美味しくお召し上がり頂けます。

その場合、必ず開封する前日から保存(冷蔵)するようにして下さい。
冷蔵庫での保存はでん粉がβ(ベータ)化してパサツキが早まるため、弊社で設定している賞味期限(常温)よりも10日程短くなります。

冷凍保存について

冷凍期間中は、冷蔵と違いβ化しないため長期間(最長90日)鮮度が保たれます。

その場合、解凍する際は結露を防ぐために一晩冷蔵庫で保存(解凍)して下さい。
冷凍⇔解凍を行うと、冷蔵時のβ化が進みやすくなりパサツキが早まるため、弊社で設定している賞味期限(常温)よりも15日程短くなります。(冷凍期間は除く)